11.13
Mon
下鴨神社の静かな林の中を歩いていたら、
木々の中から
おばあさんがきょろきょろと辺りをうかがうように出てきました。


オットは熊かと思ったとのことでしたが、
私にはすぐに事情が飲み込めました。


おばあさんの手にはスーパーのレジ袋。
おばあさんが出てきたあたりには大銀杏。
ぎんなんを拾いに来たのでしょうね(笑)。

おばあさんが静かにぎんなんを拾ったところで
何も悪いことはないといった場所でしたが、
おばあさんはコソコソという感じでした。
comment 0
11.11
Sat
下鴨神社


下鴨神社は喧噪とは無縁の
ほんとにいい「気」が流れているのだろうなというような空間でした。

夏に行っても涼しいかも。
滝のしぶきを浴びているような気持ちになりました。


その参道から、去年京都に越した友人に
「今、下鴨神社に来ています」と上の写真をつけてメールしたら、


「夫婦二人の旅に迷惑かもしれませんが、5分でも会えませんか?」と返事が。
その時はすでに祇園に向かうバスに乗っていました。


友人は昼からパートというのに方向違いの場所まで
本当に息せききってやって来てくれました。

友人のパートの時間が迫っていたので、
ほんとに10分くらいしか時間がなかったのですが、
南座の前の道路で、ギュッと詰まったおしゃべりをしました。


私も会いたいなという気持ちはあったのですが、迷惑だったら悪いなという遠慮があり。
友人は友人で夫婦二人の旅行に会う時間を組み込んでもらうのは迷惑かもとの遠慮があったようです。


それでも、わざわざ来てくれた友人。
この旅の中で心に残るうれしい出来事でした。


これから私も同じようなことがあったら、迷惑かもと考えてばかりいないで、
行動を起こそう!とちょっと元気をもらいました。

上の写真は友人に送るためにガラケーで取った唯一の写真です。
comment 2
11.11
Sat
でも、写真はありません。



なぜならば、タクシーに置き忘れてしまったから(涙)。
(あれこれ手は尽くしましたが、今のところ出てきません)


それ以外はいいことばかりの旅でした。

よかったこと①
奈良で合流し娘とも旅ができたこと。

よかったこと②
京都に引っ越していった友人と10分だけど会えたこと。

よかったことところ
・下鴨神社
・東大寺
・奈良ホテル
他いっぱい。

旅レポートおいおい書きますね。
comment 2
07.26
Sat
IMG_4854.jpg

先日いただいた温泉宿のペア宿泊券を使わせてもらって黒川温泉に行ってきました^^

今回はフェリーで熊本まで渡り、阿蘇路を登り、黒川温泉まで。

何度も行ったことのある阿蘇なのに、グルリと円を描いている外輪山の大きさを実感!
噴火の前にはどんな山だったんだろう?
いつの噴火でできたこの地形?
なんてことをしみじみ思ったりしました。

途中、「あそ路」というお食事どころでランチを。
これはネットで検索して決めたところ。

オットは高菜飯定食というの。
私はとろろ定食。

高菜飯やだご汁など地元の名物みたいなものがあれこれ入った定食。
変わったものや、すごい!というものが入っているのではないけれど、
ていねいに作られた、当たり前のものが、観光地価格ではない値段で提供されていました。
働いている方々も、明るくキビキビとしていて、気持ちよかったです。

さて、招待していただいたお宿「山みず木」ですが、
こちらもとっても気持ちのよいお宿でした。

山のなかの一軒宿で、
そばには川が流れていました。
したたるような緑の中、川のせせらぎの音を聞きながら、何度もお湯につかりました。

なによりもよかったのは、
お部屋についた半露天風呂。(↑一番上の写真)
(部屋についたといっても、下駄を履いて数歩外にありました。でも、誰の目にも触れずに、
気軽に行けるので、ただザブンと入り、数分、川の流れを眺める、なんて入り方ができました)
ふだん私たち夫婦は温泉に行っても、そう何度もお湯につかったりしないのですが、
今回は何度もお湯につかりました。

IMG_4858.jpg
IMG_4862.jpg
(↑お料理は次々出てきましたが、写真は2枚撮ったのみ。)

食事もおいしかったし、従業員の皆さんもとても感じよく…。
どこもかしこも清潔なので、「家に帰ったら掃除をするぞ~」と思ったり。

続きの間にはコーヒーメーカーとか備えられていて、自由にコーヒーが飲めたり…・。
IMG_4856.jpg
IMG_4857.jpg



私たちはプレゼントに当選して行った客ですが、最初にそのチケットを出しただけで、
あとはそういうことに一切触れられることなく、ふつうの客として扱われました。

当選してすぐに予約をすれば、スタンダードなお部屋もあったのですが、少し遅かったのと、ハイシーズンということもあり、
1人8000円ほど追加して、少しグレードの高いお部屋に泊まりました。
オットはそれくらいが気後れせずによかったのでは、と言っていました。。
(0円で出てくるのもね~ということでしょうか。。)

「山みず木」さん、ほんとうにありがとうございました!

お宿のまわし者ではありませんが、
おすすめのお宿です^^


comment 8 trackback 0
back-to-top