10.10
Tue
連休の1日、オットと衣類を見直しました。

オットはサッサカサッサカ大きなゴミ袋3つ分の衣類を出しました。
中には就職したころの(30数年前)のスーツや学生時代の半纏なども!!!

結婚の時に大学時代のラグビー部の友人達から贈られた
紅白のペアのラガーシャツ(寿のアップリケがついている!)が出てきたので
処分でいいでしょとオットに聞いたら、
バカを言うんじゃない!といった感じの反応。
自分のスペースにしまい込んでいた。
こんなものを取っておいてどうするんだ!と思ったけれど
人の判断にはけちをつけないことにする。


私も人のことは言えない。
まったく手つかずだった場所を見直したら、
ムスメが赤ちゃんの頃使っていた(あまり使わなかったけれど)おんぶひもや
布おむつ(これもあまり使わなかった)が出てきた。

布おむつはもう一度洗って干し、
小さく切ってウエスにした。

断捨離は何度も何度もしてきているつもりでも、
意外と同じ場所ばかりしていて、
手つかずの場所がけっこうある。

ゆるい断捨離を繰り返し繰り返ししていこう。

家の中のものは
全部
お気に入りか、
必要なものにしたいものだけれど、
ほんと道は遙か遠い。

ムスメが2~3歳の頃に伯母が縫ってくれた
かわいい綿入れ半纏は捨てることができなかった。
気がすむまで取っておくことにしよう。
comment 0
01.08
Sun
冷蔵庫の中をごそごそしていたら、
忘れていた厚揚げ半分が。
ものの陰に隠れて見えていなかった。
見えていたら、お味噌汁の具などに使っていたのに。

数日前に、娘がカボチャ鍋なるものを作ったときに半分残していたもの。
賞味期限はおとといだったので処分。

半分で50円くらいだろうが、50円を捨てたことになる。

私の場合、どうも見えないものはないも同然になるようだ。
冷蔵庫の中を見やすくしなければ。
お正月中はぐちゃぐちゃになっていた。

冷凍庫の中などに保存食を入れるときなど少々面倒でも、
入れたものを冷蔵庫の側面にでも書き出した方がよさそうだ。
側面に貼れるような薄いボードを買ってこよう。

数の子も食べ残して処分。
これは例年こうなっているような気がする。
来年からは、正月の2日に必ず遊びに来てくれる姪一家に
おせち、持って帰ってかえってもらうことにしよう。
若い姪一家は食欲が我が家よりもある。
(姪一家は旦那さんの実家で正月を過ごして、
その足で我が家に来るのでおせちは作っていないと思う)

娘が帰ってからは買い物に行かずにあるものを消化している。
でも、まだまだ冷蔵庫の中はゴチャゴチャ。今日も買い物に行かないことにしよう。

今月は食べ物を捨てない!という当たり前のことを目標にしてみよう。

さっき、筆子さんという方のブログを読んでいたら、「30日チャレンジ」という記事に行き着いた。
やめたいこと、やりたいことをとにかく30日続けるというものらしい。

1月は、
◎食べ物を捨てない
◎ラジオ体操をする
というのにチャレンジしてみよう♬
comment 0
12.18
Sun
日差しも明るくとても気持ちのいいお天気です。

昨日、はたきを買ったので、
今日は食後すぐに窓をいっぱい開けてはたきをかけました。

ホコリが落ちる間に洗い物や洗濯物干しをし、
掃除機をかけたのですが。
家中ホコリだらけ。

動物も飼っていないし、
子どもも居ない、
老中年二人暮らしの家なのに
ホコリはどこからわいてくるのでしょうか???

掃除機をかけていたら、少し前から調子悪かったのですが、
どうも限界のような感じに。

困ったものだ。

どなたか、すてきな掃除機を買ったけれど、
ほうき生活に入ったので、いりませんという方がいらしたら、
声をかけてください(笑)

玄関周りも、
惰性で置いていた3軍くらいの鉢を
目立たないところに移し、
それなりの鉢を1軍の場所に持ってきました。

使っていない鉢もどこかにまとめて置くことにしよう。

人の家やお店などを見ると、
なんでこんなものをこんなところに置いているんだろうと思うのに、
自分の家では20年でも
同じところにほとんど使わない見栄えの悪いものを置きっぱなしだったりする。

勝間さんと茂木さんの本の刺激はまだ持続していて、
しないよりはましと、動いている。
comment 0
12.16
Fri
IMG_5282.jpg

重い腰を上げてお正月向けの寄せ植えを完成。
写真では土が目立つけれど、実物はそうでもありませんよ。

玄関周りの惰性で置いていたような鉢も少し整理しました。

何事もしないよりはまし!

昨日読んだ勝間和代さんんと茂木健一郎さんの本が刺激になったみたいです。


勝間さんてやたらと押しの強い女性という印象でしたが、
昨日読んだ「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」を読んでいたら、
そうでもなくて、かわいらしい、正直な女性という感じでした。


勝間さん、片付けが苦手で、今まで極限までモノがあふれ出し身動きがとれなくなったら、
5年に一度くらい引っ越して、住まいを初期化していたらしいのですが、
今回、本当にモノを見直して、片をつけ、引っ越さずにきれいな家にしたとのこと。


そのことをこう書いていました。
いま、私は家が世界中で一番快適な空間です。だから、ちょっとでも時間があればすぐに家に戻りますし、
ぐっすり眠れます。家に居ると、新しい仕事のアイデアも、家事のアイデアも無限に出てきます。
そんな状態になったことは、生まれて初めてです。


あの自信に満ちて見える勝間さん、これまでは、家が汚すぎて、宅配の人も、
訪ねてきてくれたマンションの管理組合の人もドアの中に入れられなかったとのこと。
宅配を出したくても家の中を見られたくなくて、集配には来てもらえず、
コンビニまで持って行っていたそうです。
それが今では~というのがとても正直に書かれていて、私ももっと片付けよう!と
元気をもらえるような内容でした。


もう1冊の茂木さんの本は「もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方
」というタイトルのもの。

目の前のことを「良い」とも「悪い」とも考えず、<中略>淡々と行動する。
自信がなかろうが、気持ちが落ち込んでいようが、とにかく
動くことの効用が繰り返し書かれていました。


目新しいことではないけれど、確かに、ウダウダばかり言っていて、一つも動かなければ、
何の進歩もありません。(私ね^^;)
引き出し一つでも片付ければ、そこだけでもきれいになりますからね。

ということで、今日は庭周りを少し片付けたのですよ(笑)

プランターにどっさり直まきしたほうれん草も春菊もワサワサ茂っています。
IMG_5285.jpg

comment 0
10.05
Wed
リビングの電気が気になるくらいに暗くなっていました。

日中、仕事先のオットから「台風の影響で早めに帰れるから蛍光灯買いに行こう」とメールが。
なにもこんな時に。。。。。と思いましたが、思いたったが吉日のオットに言ってもしかたがないので、
台風前のドヨドヨとした夕暮れ時に蛍光灯買いに。

機械音痴の私たちは取り外したものを1個持ってお店に。
ちなみに蛍光灯は4個必要。

オットは売り場に行って、真っ先に目についたものを指さし、「これでいいんじゃない」と。。。。
それは1個5000円くらいのLED、4個買えば20000円です。

リビングの灯りは家を建てたときにつけたものでもう22年も使用しています。
あとどのくらい使えるかわからない灯りに20000円の電球は無謀です。
「却下!」

従来どおりの蛍光灯売り場を探し、1個800円くらいの蛍光灯を4つ買いました。

天井についた灯りに蛍光灯をつけるのに一苦労。
簡単に取り外しができない形と位置なので念入りに拭き上げました。

で、今朝はオットを送り出したあと、
台風に備え雨戸を閉めているのでなんだかなの部屋の中、
テーブルの上のライトの掃除を。

これはテーブルに乗ってやれば簡単。

前回やったのがいつだかわからないのだけれど、
油汚れの上にけっこうなホコリがついていた。。。

この灯りは一足先にLED。
小さな丸い灯りなのにやっぱり5000円ほどした。
これに関しては従来の安い蛍光灯がもう見あたらなかったのだ。

セスキ水を染みこませた布で何度も拭き上げた灯りはピカピカ。
一気にすべてをできない私。
灯りも月に1回くらいは拭くようなローテーションを組もう。
ほどほどの掃除をひんぱんに。


back-to-top