08.31
Wed
IMG_5246_1.jpg


壱岐は長崎から飛行機で20分くらいの島。

長崎県の島ですが、長崎の人はほとんど壱岐に行ったことがないし、
壱岐の人も、仕事か、高校総体みたいな行事でもないと長崎に来ないといった不思議な関係の島です。

船を使ったら、
福岡を通り佐賀を通らないと長崎までこられないのです。

今までに何度か福岡県にしてくださいという願いが出されたとか。

そんな壱岐は、
大陸と九州の間にあったということで、
とっても歴史豊かな島。
古墳もいっぱいでした。

黒川 紀章さん設計の博物館があります。

名物のウニも食べてきました^^
壱岐牛も名物ですが、私たちが食べたのはハンバーグ^^;
でもお宿でおいしい魚をいっぱい食べました。

↑写真は猿岩。
 ただの岩なのに、なんとも言えない風情でした。

帰りの飛行機が飛ばないかも~(1日1往復)ということであせりましたが、
どうにか無事に帰ってきました。

飛んだら飛んだで、小さな飛行機はグラグラ揺れて、
思わず夫の手を握りしめ、
いざとなったらムスメに書き置きをしなくてはと思った帰り道でした。

島をあげて、多くの観光客にきていただきたいというのでがんばっている。
そんな熱気を感じる島でしたよ。


comment 0
08.23
Tue
明日から数日私だけ帰省します。

留守中の備えには、
ご飯の冷凍だけをいっぱい。

他のものを作っても、
温めて食べたりはしないので。

ご飯は、温めてお茶漬けにしたり、
できあいのものを買ってきたとしても、主食になるし……ということで。

夏に数日オットだけを残して帰省したことはありません。
あとで、洗濯機の使い方を教えねば。

以前も教えたことがあるけれど、
たぶんもうあやふやだと思う。

オットの母が胆石で入院したという知らせが。
オットが帰宅したら、急いで見舞いにいかねば。

数日前にあったときにはそんな気配もなかったけれど、
胆石って突然発症するのかなあ。

相変わらずこちらは猛暑。


comment 0
08.22
Mon
オリンピックが始まり、
ムスメが帰ってきて、
お盆のあれこれがあり、
ムスメは帰ったけれどオリンピックはつづき、
(オリンピックに支配されていた^^;)

あさってからは私が帰省し、
その次の週は小旅行を予定しており……と、
なんだかなかなか日常の生活に戻れませんが、

そういう日々の中できちんと暮らさなくてはならないのでしょうね。

今年の夏はとにかく暑く、
雨がまったく降らず、
(例年の4%とのこと)
庭の草花に水をやっても、焼け石に水という感じ。

文句ばっかりって申し訳ないけれど、
涼しい日が待ち遠しい。

今日は久方ぶりに少していねいな掃除をいたしました。

一日一日を大切にしなくちゃね。
comment 0
08.12
Fri
IMG_5245.jpg

暑いぞ!

玄関は34度あった。

窓は開けているけれどクーラーはつけていない(誰もいないので)2階は36度あった。

そんな中、
ジャム用巨峰を買ってきていたので、ジャム作り。

ジャム作りは好きなことなので、
季節季節に、
それぞれの材料で作ることとしよう。
せっかく作るのだからおいしく作らなくちゃ♪

・巨峰900グラム(正味)
・砂糖400グラム
・レモン汁大さじ1

味は冷めてのお楽しみ。

明日の夜にムスメも帰省。
のんびり楽しく過ごそう♪


comment 0
08.10
Wed
今日は、運転免許の更新に行ってきました。

そのために、何日か前に写真を撮っていたのですが(本屋さんの前のセルフ写真館で)、

その写真があまりにピンぼけで、
これをこれから5年使うのか~
とも思ったのですが、
これが実力(笑)、
まあいいかと。。。。自分を慰めてもいたのです。

ところが警察署に行く前に、
ふだんそんなことなんて気にもしないオットが、
写真取りなおしたら~というのです。
(どんだけひどい写真?!)

オットのことばに背中を押され、
別のセルフ写真館へ。


1000円かかりましたが、
前の写真の100倍いい写真が(笑)。
ま、実力の範囲内で。。。

5年も使う免許証。
あまりの写真は撮りなおした方がいいですね。
はじめの写真、まるでさばくの砂嵐の中にたつ蝋人形という感じでした。

あのまま使っていたら、免許証を提示するたびにテンションが下がっていたことでしょう。


免許の更新のビデオでは、
運転の4原則というのを言っていました。

交通ルールを守る
危険を予測する
安定した心で運転する
体調の管理


まさにそのとおり、
運転するときには肝に銘じたいと思いました。

オリンピック中心の毎日を送っていま~す^^;

comment 0
08.03
Wed
南極料理人をめざしているのに(!?)、アボカドの食べ時を逃し、捨てることにってしまった。
<になってしまった>ではなくて、そういうふうにしてしまった^^;

食べ時、きちんと見極めなくては。

我が家では、カウンターの上に果物鉢を置いていて、
その時々の果物を入れているのだが、
アボカドとバナナがいっしょということも多い。
(夏場はバナナジュースを飲む日が多いので)

数日前にNHKでアボカドの特集をしていたが、
アボカドを早く熟させたかったら
バナナといっしょに置いておけばいいとのことだった。

バナナもアボカドもおいしく食べよう♪


comment 2
08.02
Tue
NHKの番組に南極料理人だった方が出ていました。

節約料理のコツを知りたいという主婦にそのワザを伝授するという番組だったのですが……。

南極観測隊についていく南極料理人。
なんと食材は最初に持っていくもののみ。
1年間一切の補充はないとのこと。

だから、大切なのは徹底した在庫管理、とのこと。
なるほど!

でも、どうも一番大切なのは、
皆さんが望む料理をおいしくつくることのようでした。

そのためにホワイトボードを準備し、
食べたいものと、名前を書いてもらっていたとのこと。

おいしくつくって、食べ尽くしてもらわないと大変。
残飯も、腐らせたものも、すべて日本に持ち帰らないといけないのです。
(環境保全のため)

生徒役の主婦の方は先生の指南の下、
家の中にある食材を駆使し、ご家族が望まれるものを作っていました。

するとお子さんもだんなさまも、
ニッコニコで。。。


この衝撃的な番組を見て以来、
「めざせ、南極料理人」のフレーズがしょっちゅう頭をよぎります。

南極料理人になるには、
「徹底した在庫管理」「メニューの工夫」の他、我が家の場合、
作りすぎないことと、
おいしい材料を見極めることだなあとも思いました。

2~3日前に新もののきれいなさつまいもがあったので買ってきて天ぷらにしましたが、
きれいなだけでまったくおいしくなかったのです。

おいしいものの見極めは難しいものもあるけれど、大切。

南極料理人を目ざし、食材も手間も時間もだいじにして、料理しようと思います。
comment 0
back-to-top