10.06
Mon
オットの運転する車で、信号待ちをしていたら、目の前の歩道を歩いていた女の子が転びました。

2歳ちょっとでしょうか。

そばにお母さんがいましたが、泣かずにしっかり立ち上がりました。

運転席のオットに「エライね~」と話しかけた瞬間、
女の子が手にしていたものが見えました。

なんと、ケーキの箱!

横断歩道を渡るときにはお母さんが持っていましたが、
渡りおえたら、また女の子に持たせていました。

穏やかな表情のお母さんで、お嬢さんの失敗に目くじらをたてることもなく、
やさしく見守っていました。

でも、女の子は「しくじった~」なんてけっこうプライドが傷ついていたりするんだろうなあ。

ウチのムスメも、そういう失敗をしたら、
こちらは全然叱ったりしないのに、
陰でグスンとしていました。

なんか笑っちゃったけれど、キュンとしたできごと。




comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://mainitihitotu301.blog.fc2.com/tb.php/116-21bc5334
トラックバック
コメント
ドキッとしたけど
ほのぼのシーンでしたね^^


そんな時
叱りまくる親っていますが
聞いてるほうが辛いです。

いつも
子供の身になって
接したいね。

otayoriさんみたいに・・
mogyo | 2014.10.06 21:46 | 編集
えーーーー、おたよりさん、叱らなかったんですか!!
すごい、神様みたいですよ!!!

いやー、でも、女の子がもっていたケーキ箱の中身は、
意外と、転げても安心な、シュークリームとか
かもしれません。
もしかしたら、空き箱かも?(^^;
私は、持たせられないです。
うちのムスメ、そういうのを持たせたら、
必ず、振って歩きますから^^;

なんでしょうねぇ、うちのムスメ。
ペットボトルなんて持ってたら、
もう・・・ふりまくって泡だらけですよ^^;;;
hiro235 | 2014.10.07 13:55 | 編集
mogyoさま

その日電話したムスメに教えたら、
その子、きっとくじけたよ、わかるな~と言っておりました。

オットとも、おうちに帰って食べるときにも、
あのママだったらさりげなくスルーしそうだけど、
よりによってね~と話したことです。

いやあ、子どもの立場に立って育てていたものかどうか^^;
まあ、その時の精一杯と言うしかありません。。
otayori | 2014.10.08 15:31 | 編集
hiroさま

まあ、失敗をしかりはしませんでしたが、
その時々の気分次第で、しれっとしたりしていたかもしれません。

叱るのが悪いとも限りませんしね。

ウチのムスメは叱られ慣れていなかったからか、
小学校に入学し、周りのお友達が先生に叱られるのを見るだけで恐くて、
しばらくセンセイになじめませんでしたよ。

まあ、何がよくて、何が悪いのかなんて、
ず~っと後にならないとわからないでしょうし。

ペットボトルを降る元気なお嬢さんくらいが一番です♪
otayori | 2014.10.08 15:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top