03.17
Mon
IMG_4698.jpg

図書館にて。

壁際のイスに座って雑誌を読んでいたら、

右隣の席には(ゆったりとした配置デス)、
まだ1歳にはなっていないかなというボクを抱っこした若いパパ。

お子さんは、鼻がつまっているのかな、
かわいいいびきをかいて、ぐっすり眠っています。
若いパパの、大事に大事に抱っこする姿に、ホッコリ。

しばらくしたら、
左隣に、
6~7歳くらいのお嬢さんを抱いたパパが。
お嬢さんは眠くてたまらないようで、
カンガルーのようにパパに抱きついてうつらうつら。
ほっぺがほんのりピンクでした。
パパのやさしいお顔。

どちらのママも、本を探したり、雑誌を読んだりしているのでしょうね。

我が家にも、こんな時期ありました。

どこに行くにもまとわりついて、
親子3人で歩いているとすぐにぶら下がり、
座っているとひざの間に座りたがり…。

早く大きくなって、ラクにならないかなあ、
そんな顔をしていたのでしょうか。
大好きな伯母が、
こういう時期はあっという間よ。
今が大変なんて思っているだろうけれど、
子どもは、年を重ねたあとの方が、心配は深くなるものだよ、と。

たしかに!

伯母の言葉は、
あとあとまで心にとどまっているものが多い。
大好きだったしね。(もう亡くなりました)

たとえば、新婚のころ、
のろけ話をしていたら、
その気持ちが3年持てばいいけれど、
オンナは横着だから、すぐ忘れる。。。。

たしかに。

ほかに。

ダンナさんのグチをお義母さんにするものじゃあないよ。
いい気持ちはしないから、など。。。

これは守っていますよ、ハイ。

我が子は4月で22歳。
ついつい手出しをしたくなるけれど、見守るだけに。
これはオットからの控えめな注文。
最近、手出しをしそうになっていたからね。

↑トマト友達がわすれな草の花束を持ってきてくれました。ゴムで束ねて。
そんなつきあいもいいものです。

ご訪問ありがとうございます。ポチッと押していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


comment 8 trackback 0
トラックバックURL
http://mainitihitotu301.blog.fc2.com/tb.php/20-842e3f1a
トラックバック
コメント
otayoriさん、こんばんは、
今日も、素敵な良いお話を聞かせていただきました。
いつもほんのり、気持ちが暖かくなるような気がしています。

勿忘草って、春のお花だったんですね。
お花をゴムで束ねるお付き合いも、ほのぼのします。

コメントする場所解りました。
画面右側の、最新コメントのRSSから入っていました。
左側の1番左ですね、ありがとうございました。
juliajulias | 2014.03.17 19:33 | 編集
juliajuliasさま
こんばんは。
juliajuliasさんも、この場にいたら、幸せな気分になられたと思いますよ。
お二方とも、お子さんを慈しんでいるという感じで^^

子どもがふんわりと大切にされている姿はいいですね。

わすれな草の友人とは、見栄を張らないおつきあいです。(まあ、ちょっとは張りますが^^)

コメント、わかりにくいですよね。
でも改善方法もわからずデス。
コメントはココからですよ、というのを一度示しておこうかな。
juliajuliasさんだけでなく、どこだろうと思われている方いらっしゃるかも。
otayori | 2014.03.17 19:57 | 編集
おはようございます。otayori様。大先輩のブロガー様なのですね。以前の記事も眼を通させて頂きました。
お子様想いのお母様ですね。
うちは残念ながら「慈しむ」にはほど遠い「放牧」でした。とほほ。
今の若いママパパは意外としっかりされている方々が多いと思います。それだけ大切に育てられて来た背景があるからだろうな、と思います。
わすれな草、かわいいですね。そしてお花を持って遊びに来て下さるお友達もいらして、素敵です。
心にゆとりが無いと出来ませんもの。見習いたいです。
グリコ | 2014.03.18 08:01 | 編集
グリコさま
おはようございます。
子どもへの接し方、よかったこともあれば、まずかったこともあるのでしょうね。
今となっては、どうしようもありません。よしとせねば・・・。
グリコさんはどちらかといえばおおらかな子育てだったのでしょうか^^

わすれな草の友人は、子育てしつつ、フルタイムで働いていて、土曜日のこの時は、高齢のお義母さん宅に食べ物を持って行くところとのことでした。お義母さんに持っていくお花の一部を私にも分けてくれました。
トマトを一緒に取っていて、その季節には週1で会いますが、ほかの半年はほとんど会わないという関係ですが、長~いつきあいです♪
otayori | 2014.03.18 08:45 | 編集
こちらにお引っ越しされたのは、
知っていましたが、コメントするのが
遅くなってしまいました。

お引っ越し、おめでとうございます^^
こちらにもまたおじゃまさせていただきまーす♪

雲仙の足湯には2度行きました。
去年の5月(帆船祭り)と12月(ハウステンボス)。
5月には、すでに日差しが暑かったです^^;
冬は、寒いかなぁ。
足は熱くていいけど。

子供は4月から小学生。
もう、私、どきどきです。
ぼーっとしてきょろきょろよそ見するので、ほんと心配です。
ひとりで横断歩道も渡らせたことないんです^^;
過保護なんですかねぇ、私。
でも、急に親離れされて、戸惑うかもです。

最近は、子供同士のいじめも陰湿だと聞きますし、

心配です。
もう、そうこうしてるうちに、
入学式まであと1カ月もない・・・
心配です。

(汗)
hiro235 | 2014.03.18 12:56 | 編集
追記、
なんか、あとから考えたら、
いいとこ書いてない^^;

雲仙の足湯は、口の津から長崎市内に向かうまでの途中(帰り道でも)で
休憩するのにちょうどいい場所なんですよね。
なんたって、犬も入れるところがあるんですよ。
これ、サイコー。

また今年も帆船祭りいけるかなぁ。
なんか、トルコライスがおいしかったんです。
たしか、市役所の中に入ってる有名なお店(?)
が帆船祭りのところに出店してたんです。
hiro235 | 2014.03.18 13:00 | 編集
hiroさま
ご入学おめでとうございます♪

どこも、頼りないのは、いっしょですよ♪
我が家も、手を放して歩いたことがありませんでした。

実家に帰ったら、ムスメと同い年の姪が、一人で歩いて遊びに来るのです。

それで、これではよくないと、
手を放しましたが、
最初は後ろからじ~っと見ていました。

ボチボチですよね。
うちの子は小2くらいまで、毎朝グズグズ言っていましたよ。
学校が憂鬱だったみたい。
学校が楽しくなったのは中1からとのことでした^^;

今でも、しっかりしているんだか、どうだか…。

足湯、ちょうどよかったです。
去年は真夏に行ったので暑くて暑くて。
otayori | 2014.03.18 14:13 | 編集
hiroさま
私が、小学1年生のお勉強について書いているところに、hiroさんが小学入学への不安を書いているなんて、なんたる偶然!
すごいですね!

うちのムスメはお友達が先生から怒られるだけで自分も緊張していたみたい。
そうやって成長していくのでしょうね。

学校もすごく遠くて、オットと何度か歩いていく練習をしていました。

帆船祭り、いつも偶然通りかかるくらいで、しっかり申し込んで乗り込むみたいなことしたことありません。

今年は申し込んでみようかな。
いい季節ですものね。
otayori | 2014.03.18 14:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top