10.11
Tue
図書館に行ったときには、必ず、「今戻ってきましたよ」の棚をのぞきます。

数少ない本の中から、ちょっと気を惹かれる本を探す方が、
図書館全体から探すのより簡単で、おもしろいのです。

全体だったら気づかないような本に出会えます。

今回はその中に旅の本2冊。

1冊は三橋昭さんという方の「フィレンツェで暮らしてみれば」。



サブタイトルは年金夫婦のイタリア生活です。

年金生活に入った男性が67歳から夫婦でイタリア暮らしを。住む町探しから、アパート探し。
かかった費用、一月の生活費などなど、実用的なことも書かれていて興味深いです。

67歳から、イタリア!よくそんなことできるなあ、なんて思いましたが、
できた理由のひとつはイタリア語ができて、イタリアにも日本にも、イタリア人の友人たちがいる。
それもかなり親しい友人たちが、ということのようでした。

ことばが使えるとはいっても、67歳の、心臓に持病まで持った男性です。
知らない世界で、新し経験をしてみたいという思いってすごいなあと思いました。

1998年発行の本なのでもう絶版かなあとアマゾンを開いてみたら、ありました!
地味だけれど読みつがれているのでしょうか。

もう1冊は益田ミリさんの「心がほどける小さな旅」



一人で、時に友人と小さな旅をしたときの話。
クスッと笑える話もあれば、ピンと孤独な話も。

どちらもお薦めの本でしたよ。

IMG_5263.jpg

イチジクジャム1弾完成。
写真がピンぼけ。
back-to-top