02.27
Mon
IMG_4498.jpg


日曜日の昨日は珍しく夫が休みで、
亀山社中」を見にいきました。

長崎のニュースなどではよく見聞きする亀山社中ですが、
一度も行ったことありませんでした。

亀山社中とは、慶応元年(1865年)に坂本龍馬が中心となって組織した日本初の商社とのことです。
写真1枚撮ってきていませんので、
もっと知りたい方はココを見て下さいね。


亀山社中自体は、ま、こんなものかな?と思っていた感じのものでしたが
(失礼!でも、実際行ってこそわかりますから、ぜひ一度行ってみて下さい)、
その場所にたどり着くまで、そして帰り道には思うこと多々!!!


長崎の、昔の人はみんな、こんなところに住んでいたんですね~。
車が乗りつけられない場所で、
土日は駐車OKという瓊浦高校(けいほこうこう)に車をとめさせてもらい、
延々と坂を上ったり下ったりし、最後はずっと階段を下り、
もちろん帰りは階段を上り、
私は帰り道、あまりのつらさに、「運動をしよう!!!」と誓いました。


亀山社中は、正直、「まあね」という感じなのですが、
ボランティアの男性に教えられて見た池の蛙の卵にびっくり!
細長い透明なホースみたいな卵でした。
小さな蛙がこんなに大量の卵を産むのですね~
ど田舎育ちの私ですが、意識して蛙の卵を見たのは初めてでした。


もちろん、江戸時代から明治に時代へと転換していったのは、
わずか150年前のことなのだなあなんて感慨も持ちましたよ。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top